「ミサイル発射」の情報確認はメディア頼み - 気になるにゃん

気になるにゃん ホーム » スポンサー広告 » 政治経済時事社会 » 「ミサイル発射」の情報確認はメディア頼み

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミサイル発射」の情報確認はメディア頼み

防衛省が、直ぐに政府に伝えなかった・・って話です。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射した13日朝、
日本の「警報システム」=非常事態発生時に衛星を通じて市町村に情報を発信する、
全国瞬時警報システム(Jアラート

は作動せず、
政府はミサイル発射情報の確認を、
海外メディア報道に基づいて非常にあいまいな警戒情報を発表。

個人視聴者と同じレベルで、政府の意味をなさない
って状態ですよね(笑)

発射について米政府から防衛省に連絡があったのは午前7時42分
発射から2分後のこと。
8時03分、首相官邸で安全保障会議が招集され、
政府は
「北朝鮮が人工衛星と称するミサイルを発射したとの一部報道があるが、
わが国としては発射を確認していません」
と発表。

8時16分になって防衛省は、
米政府から発射直後に得ていた情報を官邸に伝えた。


防衛省も結局アメリカの情報貰ってるだけなんでしょ?
警報システムのJアラートは作動せず。

と、世間の国防必要論を煽る意味で、
安全とわかっててわざと遅らせたとか?
なんて考えちゃうんですよ。

ここで、政府が「何で遅れたのか」と問いつめれば答えは必ず、

事実確認をとっていたため・・

それにしても、宇宙センターと称した施設を
メディアに公開した北が、早速こういう事したのも、
金日成主席100歳記念のためでしょうか?
ミサイル打ち上げて、日本がビビれば、

「我ら抗日闘争の勝利」とか・・


http://www.afpbb.com/article/politics/2871280/8778724
日本政府、北「ミサイル発射」の情報確認はメディア頼み
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://marvina.blog.fc2.com/tb.php/52-ce813cc6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。