全原発停止で迎える、日本の夏 - 気になるにゃん

気になるにゃん ホーム » スポンサー広告 » 政治経済時事社会 » 全原発停止で迎える、日本の夏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全原発停止で迎える、日本の夏

国内の全原発が停止して、
2週間が経っています。

関西電力は先の連結決算で、
約2423億円の赤字・・過去最悪を発表。
原発に代わり、火力発電を増やしたための、
燃料費の増加が主な理由との事です。

原発でないと赤字になってしまう・・
これもまたひとつの「事情」ですね


政府は先月、ストレステストと言われる、
安全性の評価に合格した、
福井県の大飯原発に再稼働を要請しています
しかし現在、停止した原発を再稼働させるには、
ストレステスト合格の上、
更に地元の合意がなければ、可動をさせる事ができません。

住民の説得とか頑固者のように言いますけど、
そこで生活をする立場の人の、
偽らざる、現実と声ですよね。

結局、大飯原発も住民を説得できておらず、
稼働のメドは立ちません。
が、どうしても原発という事なら、
以前に誰かが発言したように、
それを享受する、都市部や、
工場の集中する地域に作るのが筋ですよね。

経団連会長が「原子炉が1つも再稼働しなければ、日本経済は崩壊」
と警告を続け、
企業活動の停滞が言われたり、
原発停止に対するワーニングは各方面で上がり、
海外への生産拠点流出が言われ、
それはそのまま、仕事が減り、
全般的に個人の生活もその影響を受けます。

やがて反原発は、住民だけの声になっていくのか?

震災の頃と比べ、昼間の街は全然節電していません。
本当に電気は足りないのでしょうか?
苦渋の中で再稼働のコンセンサスへと、
背景が向けられてる気がします。


関連記事
トラックバック

https://marvina.blog.fc2.com/tb.php/421-748745bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。